秘在寺新本堂内外
平成25年4月20日 秘在寺新本堂が完成しました。

秘在寺住職のごあいさつ        開頁 2004年4月

静岡の母なる川・安倍川は全長52キロ、一気に駿河湾に注ぐ急流河川で、
日本一水のきれいな川です。その中流に郷島・冷泉山 秘在寺があります。
境内には樹齢推定1000年の榧(かや)の大木がそびえ、
静かに私たちを見守ってくれています。
また、お茶・山葵の産地です。裏山からは冷泉がこんこんと湧き出しており、その水を使って昔は和紙の産地でした。

この秘在寺は古より今日まで寺子屋を開き、地域の文化交流の中心的役割を担ってきました。お寺は亡き方の冥福を祈る場であると同時に、
今を大事に生きる人々の集いの場でもあります。どうぞ気軽にお越しください。

最新情報&更新情報

イベント
2/24
菜流寺HP
 12/24
行事
 2/3
講演
 1/31
和紙
 12/20
邦楽
5/7
秘在寺だより
29/春彼岸号

   謹  賀  新  年
昨年はEMぼかし肥料による家庭菜園と花壇作りに時間を割きました。種をまいて野菜を育てる、苗を育てて移植する、どちらも育てるには年間の草取りが大変な作業ですが楽しい時間でもあります。このような作業を通じて、私達の心身の安定には樹木が大地にしっかりと根を張るように、大地(Earth)に身体を接地(アース)することが大切であることを感じます。それは坐禅のねらいでもあります。
 またこの数年地域誌(賤機北学区)編纂の委員に加えていただき、私は主に寺社仏閣を担しております。その作業も年内で完成出版の予定です。路傍の石仏や祠を調査し文献をひもとく中で、新たな発見や再認識を深めたことが多々ありました。
 そんな時に昨年暮れ静岡市北部生涯学習センターの依頼で「郷島歴史巡り」4コマの講座を担当しました。秘在寺の宝物・郷島の宝物・地域の宝物を皆さんにご紹介する機会をいただきました。今後更に深めていきたいと考えております。
 さらに静岡と清水の中学で坐禅と講話の道徳授業時間を担当しました。30数年間常葉学園で坐禅指導をした経験が生かせ、有意義な講座でした。

 
皆様のご多幸をお祈り申し上げますと共に、本年もどうぞ宜しくお願いします。
 29年賀状


 坐禅体験希望者は下記メールアドレスから申し込んで下さい。
info@hizaiji.net


秘在寺の境内に咲く代表的な花々 
 三椏
      三椏(春彼岸頃咲きます)
みつまた

 三椏(みつまた) 和紙の原料
(日本のお札はこの木の皮から作られます)
 トロロ葵
    トロロ葵 
和紙を漉く際、この根から出る粘液を使います
 トロロ葵A
    トロロ葵(夏の花です)
 酔芙蓉
   酔芙蓉
朝の開花時は白く、昼頃から紅がさしてきます
芙蓉 
     芙蓉(夏から秋に咲きます)
 石蕗
    石蕗(つわぶき)
 つわぶき
   (晩秋、秋冥菊の後に咲きます)